目と脳の連携を同時に強化

視力回復トレーニング(1)

視力低下の原因は目の酷使だけが原因ではありません。

現在、日本人全体の約八割の人が視力の矯正をしているといわれています。視力回復トレーニングのニーズが大きくなっているのはこのためです。このまま日本人の視力低下がどんどん進んでいくと、近い将来、眼鏡やコンタクトを使っていない人を探すほうが難しくなるでしょう。

そこで、視力回復トレーニングなのです。この異常事態を食い止めるには、視力低下を引き起こす根本的な問題に気づかなくてはなりません。

多くの人は、日本人に近視や老眼が急増している原因を「目の酷使」にあると考えているようですがこれだけではないのです。確かに、近年、パソコンや携帯電話が急速に普及し、これらの画面をしばしば見る日常生活は、目をとても酷使します。

しかもそれに加えて、多くの人が子供のころから過激な受験勉強を強いられ、たまの息抜きにテレビやパソコンの画面を見て過ごすのですから、目への負担は増すいっぽうですよね。

目を酷使して疲れがたまると、目のピントを調節する筋肉(毛様体筋)が硬直してうまく働かなくなり、焦点がぼやけて視力が低下してしまいます。そのため、目の疲れを取って、毛様体筋を柔軟にすれば、視力はある程度回復します。しかし、多くの場合、これだけでは不十分なのです。

近視や老眼などの視力低下の原因が目の酷使にあることは間違いありませんが、視力低下が最近急増している背景には、実はもう一つの隠れた原因として「目と脳の連携不足」があるのです。

視力回復トレーニングのポイントは、目と脳の連携を同時に強化することなのです。

視力回復トレーニング(1)
「目と脳の連携を同時に強化」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4145584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック