視力眼科医という専門家

視力回復トレーニング(5)

現代人に近視や老眼などの視力低下が蔓延している背景には、眼球視力の衰えはもとより脳内視力の衰えがあります。
ですから、現代人の衰えた視力をアップするためには、目と脳とを同時に強化し、しっかりと連携させることが何よりも肝心なのです。

この点を踏まえて、視力回復トレーニングについて考えましょう。

視力を回復するためには、目のピントを調節する筋肉(毛様体筋)を柔軟にすると同時に、目と脳の連携不足を解消することがとても大切なのはわかりました。

視力回復先進国・欧米では、目と脳に密接な関係があることは広く知られていました。ですから、それに平行して目と脳の連携能力を高めるさまざまなトレーニング法が開発されています。

また、眼科医のほかにオプトメトリスト(視力眼科医)という専門家がいて、物を見る力を回復させるトレーニングを指導しているのです。このような取り組みが功を奏し、物を見る力、つまり脳内視力が劇的にアップした人は、スポーツや学業、ビジネスの分野で、さまざまな成果を上げています。

特に、こうした効果がすぐに結果となって現れてくるのは、スポーツの世界です。スポーツ選手の視力回復問題は、死活問題ですからね。

視力回復トレーニング(5)
「視力眼科医という専門家」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4305746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック