目のピント調節力を高める

視力回復トレーニング(8)

それではお待たせしました。視力回復トレーニングを紹介しましょう。

視力アップの第一のコツは、目のピントを調節する筋肉と脳の働きの両方をバランスよく鍛えることです。ですから、二つの働きをバラバラに強化しても、大きな視力回復は望めないのです。
そこで、一番最初にやってほしいのが、以下の二つの視力回復トレーニングです。

一つ目は(1)数字探しです。
目のピント調節力を高める視力回復トレーニングです。数字探しは、バラバラになった大きさの違う数字を、小さい数字から大きな数字へと順番に探していくもので、視力回復の入門編のようなものです。

この数字探しを行うと、脳が遠い近いという距離感を素早く把握できるようになります。距離感がハッキリとつかめるようになると、目のピント調節力が高まり、見たい物がくっきりと見えるようになるのです。

この機能アップは、スポーツなどの運動選手には特にお勧めです。

では、数字探しを行うだけで、どうしてそんなことが可能なのでしょうか。
もともと、距離感は脳が感じているものなのです。例えば、写真や絵などの平面を見ても、そこに立体感や遠近感を感じるのがそれです。脳は大きい物は近くにあると錯覚し、逆に小さい物は遠くにあると錯覚します。

この錯覚を利用し、脳の距離感を把握する能力を高めれば、同時に目のピント調節力も強めることができるのです。
しかも、この数字探しを行えば、同時に集中力を高める効果も期待できます。

視力回復トレーニング(8)
「目のピント調節力を高める」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4384781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック